都市の記憶

~歴史を継承する建物~

大阪市中央公会堂 前編

オフィスマーケットⅢ 2006年6月号掲載

※ 記事は過去の取材時のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

大阪中之島に1918年竣工した「大阪市中央公会堂」は2002年の大規模な改修工事を行っている。基調となるネオ・ルネッサンス様式にバロックの要素を含み、さらに美しさが増した。歴史を壊さず、いかに保存と再生へつなげたのか、詳しく説明していただいた。


大阪市中央公会堂外観

大阪市中央公会堂外観

水と緑に映えるネオ・ルネサンスの名品――市民の高い志が生んだ文化拠点

北を堂島川、南を土佐堀川に囲まれた大阪中之島の地は、遠く江戸時代初期に豪商・淀屋常安によって開発され、舟運の便から諸藩の蔵屋敷が集中し、“天下の台所”の中心として機能してきた。明治維新以降も、官公庁、教育機関、銀行・各種企業の本支店などが次々に建てられ、商都・大阪における行政・経済の中枢を担った。 現在も同地区には、日本銀行大阪支店(1903年竣工)、大阪府立中之島図書館(1904年竣工)、そして、大阪市立中央公会堂といった近代建築の貴重な名品が建ち並ぶ。中でも、市民のオアシス中之島公園に接する“中央公会堂”は平成14年(2002)年9月に改修工事が完了したばかりであり、その壮麗な美観によって一際目を引く存在である。
竣工は大正7年(1918)年10月。鉄骨を芯とした煉瓦及び石造。地上3階地下1階。長く大阪の文化拠点として機能してきた中央公会堂誕生の経緯には、志高く、また哀しい或る男の物語が秘められている。明治42年(1909)、“訪米実業団”(渋沢栄一団長) がアメリカへ向けて出発した。これに大阪財界代表の一人として加わった株式仲買人・岩本栄之助は、自ら積極的に公共・公益事業へ私財を提供する米国実業界の在り方に深い感銘を受ける。帰国した岩本は大阪市民の財産として文化醸成の核となる公会堂の建設を願い、44年、当時の金額で100万円を個人として市に寄付。市は直ちに中央公会堂建設事務所を財団として発足させ、大正元年(1912)、指名設計競技の結果、29歳の早稲田大学講師・岡田信一郎の案が1席を射止めた。建設事務所顧問の辰野金吾と片岡安の実施設計により、翌年から工事が始まったが、さらにその翌年、ヨーロッパに第一次世界大戦の火の手が上がり、日本もこれに参戦することとなった。大阪仲買人組合の代表となっていた岩本は高騰の続く株価を注視していたが、大正5年秋、戦火の収束と株の暴落を予測し、果敢に売り出動を決行する。だが、相場の騰勢は止まず、ついに手詰まりとなって拳銃自殺を図り、数日後の10月27日に無念の死を遂げた。「その秋を待たで散りゆく紅葉かな」の辞世が残る。わずか数十日後の12月上旬に株価は岩本の予測通り大暴落、そして、死から2年後、同じ秋10月に中央公会堂は落成した。あまりにも非情な運命の巡り合わせであった。
100万円という額は、現在の貨幣価値に換算して50億円以上ともいう。父の代からの仲買人だった岩本は、義侠心に富み、人望があり、決して金銭に執着を持つ人物ではなかった。彼の理想と一大阪市民としての高い志は、現在に残る公会堂の存在に遺憾なく示現されている。
竣工以来80年余にわたり、多くの文化催事に寄与してきた建物の意匠は、基調となるネオ・ルネッサンス様式にバロックの要素が加味されている点に特色があるとされる。だが、実は岡田の当初案では重厚なネオ・バロック様式が外観のベースだったという。実施設計段階でバロック的要素は抑制され、全体がネオ・ルネッサンスに変更されたのである。そのため、公会堂の外観は赤煉瓦と花崗岩による“辰野式”の印象が色濃いものとなった。辰野自身が手掛けた日銀大阪支店との照応を意識したものだろうか。ちなみに、彼の代表作・東京駅の“赤煉瓦駅舎”開業は大正3年のことである。
とはいえ、完成した建物は見事なバランスと優れた意匠性を備え、結果的に辰野が選択した様式は、市民のための公会堂にふさわしく重過ぎない親しみやすさを醸し出している。大正期を代表する歴史的建造物として、改修後の平成14年12月に国の重要文化財指定を受けた。

「保存」と「再生」の積極的両立――市民の財産を後世へ受け渡すために

第二次世界大戦の戦火をかいくぐったとはいえ、関東大震災以前に建設であるため地震への耐力不足、また、設備面でも現代の使用者ニーズに十分に応えられないなどの課題は避けられなかった。昭和40年代当時、利用状況も、音響設備の陳腐化により音楽関係の催し物は減り、講演会など特に設備的な条件を要しないものが大半を占める状況だったという。しかし、昭和45(1970年、中央公会堂を始めとする歴史的建造物が数多く残っていた中之島東部地区を対象に古い建物の建替を含む地域再開発計画の立案が報道されると、市民レベルの保存運動が一気に高まり、それに応えるかたちで、昭和53年(1978年、大阪市は60周年を迎えた公会堂の保存についての検討委員会を組織した。そして昭和63年、市長が公会「大集会室」。2階から望んだ写真。今回の大改修で、天井やシャンデリア等を当時の意匠に戻した。堂の永久保存と爾後の活用を表明、将来構想を策定した上で平成8(1996年に保存・再生の基本設計がまとめられ、改修工事が平成11年3月より開始された。
工事の特徴は、市民の貴重な財産である公会堂を半永久的に“保存し、現在~将来にわたるニーズに応え得る集会施設に“再生” するという二つの目的を両立させることにテーマが置かれた点であった。公会堂としての用途を持続させる以上、他施設と比して機能・設備面で難がある状態のままでは保存意義が半減する。一方で、機能を優先させるあまり歴史的・文化的価値を損なってはならない。いかに両者のバランスを取りつつ最終的な目的を達成し得るかが最重要課題となる。
まず、耐震性については“免震レトロフィット法を採用。上部構造体の補強は主に建物四隅の小部屋での煉瓦壁補強(RC添打と屋根補強(天井内でのブレース付加による水平剛性強化に止め、積層ゴムとダンパーによる免震装置を既存基礎の地下部に設けることで必要な耐震性能を確保した。建物外壁・内部空間への影響を抑制するための選択である。外壁は創建時の材料が良く残っているものの、全体に汚れが目立ち、広い範囲に浮きとクラックが生じていたため、全体を洗浄して樹脂注入による補強を行なっている。窓も基本的に創建時の鋼鉄サッシュを残し、傷んだ部材のみを取替修理して使用した。一旦外したガラスも破損したものを除き再利用した。屋根は過去に全面葺き替えられており、今回の工事ではその上から緑青銅板を葺き重ねてある。

「免震レトロフィット法」を採用した免震装置。

「免震レトロフィット法」を採用した免震装置。必要な耐震性能を持たせながら、建物の外観や内部意匠の改変を最小限に抑えることに成功した。

内部空間では、補強・洗浄とともに、貴重な装飾、絵画・彫刻等を創建時の姿に戻すことに最大限の努力が払われた。3階の中集会室、小集会室、特別室は、繰り返し塗り重ねられていた塗装を一旦除去した上で当初の色遣いを再現した。特別室の天井画を始めとする絵画作品は洗浄・補修し、ステンドグラスも分解・洗浄して組み直して居る。中集会室、小集会室の床は、当初の楢材寄木張の傷みが激しかったため、それを下部に保存した上に新たに寄木張を施したが、以前の遺構をガラス越しに見られる工夫を行なった。大集会室は、昭和12(1937年の大規模改修により創建時の姿から大きく変更が加えられていた。そのため、舞台周りや空調設備を一新するなどの機能面の改修と同時に、天井の形状やシャンデリアを始めとして、ここも当初の意匠に戻すこととなった。

これらはすべて、創建時の姿を正確に復元するための地道な調査と、平成の匠たちの熟練の技が結集してこそ可能となったものである。3年以上の歳月をかけ、中央公会堂の改修工事は平成14年の9月に完了した。

中集会室ステンドグラス

「中集会室ステンドグラス」。天井丸窓のステンドグラスで、帆船と海をテーマとした連作のひとつ。

特別室ステンドグラス

「特別室ステンドグラス」。鳳凰と大阪市の市章「澪漂(みおつくし)」をデザイン化。差込む日差しを拡散し、絵画を保護している。

竣工前後 ―― 歴史と世相
明治44年(1911)

・株式仲買商・岩本栄之助が大阪市に100万円を寄附。
・財団法人・中央公会堂建設事務所が開設される。

大正元年(1912)

・“懸賞金付き設計競技”を実施。岡本信一郎案が1席となる。

大正2年(1913)

・岡田案を基に、辰野金吾・片岡安の実施設計により着工。

大正3年(1914)

・7月、第一次世界大戦が勃発する(8月、日本参戦)。
・12月、東京駅(辰野金吾・設計)開業。

大正5年(1916)

・12月、株式相場大暴落。東京・大阪で取引停止。

大正7年(1918)

・10月、中央公会堂竣工。翌11月、開業。
・11月、第一次世界大戦が終結する。

建物概要 
所在地

大阪市北区中之島1-1-27

敷地面積

5,641.81㎡(約1,707坪)

建築面積

2,330.35㎡(約705坪)

延床面積

9,886.56㎡(約2,991坪)

構造

地上3階・地下2階建

大阪市中央公会堂地図

 
当社のサービスや物件全般に関してのご質問はこのフォームからお願いします。
当フォームではSSL暗号化通信によりお客様の送信内容を保護しております。
お問合わせ内容

必須
ご質問・ご要望など
お名前
必須
必須
メールアドレス
必須
貴社名
必須
電話番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
ご住所
郵便番号

※半角数字ハイフンなしに自動で変換されます。

必須
都道府県
市区郡
町村・番地
ビル名

※階層や部屋番号などがある場合は入力してください。

個人情報の取り扱い

ご入力の内容は当社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理・利用いたします。

必須